「M字はげ」はAGAの典型的な症状です。

M字はげの原因はAGA

 

前頭部の両側だけが後退してしまう、いわゆる「M字はげ」はAGA(男性型脱毛症)の典型的な症状の1つです。

 

AGAは「テストステロン」という男性ホルモンと「5αリダクターゼ」という酵素が結びついて発生した「ジヒドロテストロン」という男性ホルモンが原因です。
この「5αリダクターゼ」は前頭部には多く存在しており、更に前頭部は皮脂が多く分泌されやすい場所であることからはげてしまう要因が揃った場所だと言えます。
ちなみに「はげは遺伝する」と言われていて間違いではありませんが、細かいことを言えば「5αリダクターゼが前頭部で作られやすい体質が遺伝する」ということです。

 

M字はげは育毛剤で治る

AGAは放置しておけばゆっくりと症状が進みますが、早く治療するほど早く症状を改善できると言われており、できれば薄毛治療を行っている病院で治療を行うことが好ましいです。
病院では問診や血液検査などが行われますが、主に処方される飲み薬で「5αリダクターゼ」の働きを抑制する効果が期待できます。

 

市販されている育毛剤にも「5αリダクターゼ」の働きを抑制する効果が期待できる成分が含まれたものがありますが、万が一はげている原因がAGAでない可能性もありますので病院で検査をしてもらうことが望ましいです。

「M字はげ」解消効果が期待できる市販の育毛剤について

M字はげはどうやって治す

AGA(男性型脱毛症)の症状の1つである「M字はげ」の症状改善のためには市販されている育毛剤を使う方法もあります。

 

そもそもAGAは男性ホルモンと酵素が結びついて抜け毛や薄毛が促進する症状です。
男性ホルモンについてはある意味しょうがない部分はありますが、男性ホルモンと結びつく酵素の働きを抑えることができればAGAの症状を改善できる可能性があります。

 

ちなみにこの酵素は「5αリダクターゼ」と言い、市販されている育毛剤にも働きを抑えるために有効な成分はいくつか含まれています。

 

具体的にその成分とはノコギリヤシや牡蠣に含まれている亜鉛、豚肉やレバーに含まれているビタミンB6などがあります。
男性にとって亜鉛は精力剤にも含まれている成分であり滋養強壮には重要な成分です。

M字はげとサプリメント

 

育毛剤に加えてサプリメントを使うことで更に効果が期待できますが、症状改善を期待するあまりに飲みすぎると過剰症で頭痛や吐き気を覚えることもあるため、使用方法を守って使うようにしましょう。

 

しかし育毛剤やサプリメントだけを使えば症状が改善するわけではありません。
食生活や喫煙、飲み過ぎ、間違ったヘアケア、ストレスなど好ましくない生活習慣も改善するようにしましょう。